読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンパン好きの分割日本一周

小樽商科大学生が在学中に日本一周を達成すべく長期休みを使って各地を自転車で回る様子を日記形式でアップしていきます。基本毎日上げますんでどうかご賞味あれ。

日本一周61日目〜難所越えツー〜

f:id:ban8687tigers:20170307222721j:image

 朝は6時に起きまして7時ごろ宿を発ちまして、おじさんたちと別れまして、藤井寺を8寺に出発。さぁ…自転車を置き片道12キロの登りへの挑戦が今始まりました。

f:id:ban8687tigers:20170307223422j:image

第11番藤井寺、かなり古い境内

f:id:ban8687tigers:20170307223458j:image

闘いの始まり…けっこう憂鬱やった

最初の頃はまだ緩やかな坂で、こんなもんかよ

とか言いながら進めました

f:id:ban8687tigers:20170307223834j:image

すごい雰囲気

三分の一くらいまでは大っきい坂が1つあるくらいで、余裕こいてましたね

途中、パッと景色が開き絶景がかおをみせました

f:id:ban8687tigers:20170307225155j:image

この風景を見て、これから頑張るぞ!ってみんななるらしいですね 

f:id:ban8687tigers:20170307225849j:image

こんな感じで遍路さんが歩いています

f:id:ban8687tigers:20170307230111j:image

三分の一くらいでちょっとした休憩室がありました 

 この休憩室を超えてもゆったりとした上り坂と平面の道が続き不思議に楽で、完全になめきってました

f:id:ban8687tigers:20170307232031j:image

2番目の休憩室

この休憩室がまさにターニングポイント。ここから突然のように牙をむきました

この12番への道は全部で3つの上り坂と2つの下り坂があるらしくここまで一つずつあったので、もしかして…と思ったら案の定。

f:id:ban8687tigers:20170307234259j:image

f:id:ban8687tigers:20170307234309j:image

もう道なのか石なのかわかんない

後に気づいたんですが、ここスギ林なんです

しかも今日は風が強くなんか霞んでるなぁと思ったら住職さん曰くそれは花粉だとのこと。つまりここは花粉の倉庫みたいなもん。そこに花粉アレルギーが突っ込んで行ったのでもはや呼吸すらままならず本当に大変でした。

f:id:ban8687tigers:20170307234735j:image

途中にある一本杉

約4時間に渡る闘いを終えると12番への参道が姿を見せ始めます。そして…

f:id:ban8687tigers:20170307234847j:image

第12番札所焼山寺

f:id:ban8687tigers:20170307234952j:image

まさしく山岳寺院な境内。こん時はもう花粉が凄すぎてなにがなんだか…

とにかく参拝を終えたはいいものの、花粉が酷すぎるため帰ることを断念しヒッチハイクをすることに。花粉が舞う中人を待ち、来た人に話しかけると

「わし、今から13番行くんやわ、どうせ戻るんやったらわしと一緒に回ってからいこに」

と言われたのでご好意をありがたく受け一緒に回りました

f:id:ban8687tigers:20170307235517j:image

13番大日寺。せまめな境内には団体さんがギッチリ

f:id:ban8687tigers:20170307235611j:image

14番十楽寺、ここは自然と同化したかのような境内で印象に残るイメージ

f:id:ban8687tigers:20170307235653j:image

重厚な本堂。彫刻がさらに重厚な雰囲気を増やします。

f:id:ban8687tigers:20170307235738j:image

15番国分寺。残念ながら境内は修復中。同行の人曰く最近は多いとのこと

f:id:ban8687tigers:20170307235938j:image

16番観音寺。街中に立つ立派な山門が特徴的。

f:id:ban8687tigers:20170308000056j:image

と思ったら17番井戸寺はもっと立派な仁王門

f:id:ban8687tigers:20170308000126j:image

建物も新しく境内も広い

17番が終わり、藤井寺に送っていただいた時にはすでに6時だったので昨日泊まった善根宿に無理言って連泊させてもらうことに。

すると1人20歳の人がいらっしゃって意気投合。日本一周がしたいそうで話も合い、初めて?の友達ができとても楽しかったです。とにかく価値観がよく似ていて愉快愉快

「100歳まで生きるとしたら今20歳のこの時に出会った人に恋をしたらもう80年しかその人と一緒にいられないんだよ?だから少しでも早くさ自分が愛せる人に俺は出会いたいんだよ、そして愛したい」

とにかく熱い人!